知って得する過払い金請求のこと

出資法と利息制限法の中間部分の利息で、いわゆるグレーゾーンの利息で貸し付けを行っていた消費者金融に対しては、完済後10年以内であれば過払い金返還請求が可能です。


ただ、請求する前にいくつか知っておきたいことがあります。


まずは、請求しても過払い金が全額返金されるわけではないということです。もちろん、金融関係に強い弁護士に依頼すれば、高い確率で返金があります。

しかし、消費者金融との交渉が難航すれば、ある程度の割合で妥協せざるを得ない状況もあります。

過払い分の50%ほどしか返ってこないということもあります。



また、返済中に請求した場合も、必ずしも借金が減額されたり帳消しになったりすることはありません。

アコムの過払いのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

負債額が大きい場合はなおさらです。


なお、過払い金請求をしてもブラックリストに記載されることはありません。

また、身内に連絡がいくこともありません。


法令の制限を超えて払いすぎた利息を返してもらうだけのことですから、そこに何の落ち度もないからです。

もちろん、住民票や戸籍に記載されるなどのペナルティを心配する必要もありません。

過払い金返還請求をするならできるだけ早いほうが良いでしょう。


というのも、消費者金融も多くの請求の対応に追われており、経営が悪化している場合があります。

OKWave使いやすさが好評です。

もし万が一、消費者金融が倒産してしまった場合は1円も回収することはできません。


なので、気づいた時点で相談するのが賢明でしょう。


弁護士に相談する際には、資料などが何も揃っていなくても差し支えありません。
借りていた金融機関だけ把握していれば、弁護士が対応してくれます。